ブログ

ブログ

小顔になるにはシェーディング!顔型タイプ別に入れ方をご紹介。

こんにちは、古賀です。

小顔に見せるメイクアイテムとして大活躍の“シェーディングシャドウ”。ポーチに入ってはいるものの、何となく使いこなせてない…なんてことありませんか?^^

立体的なお顔を作るには、実はハイライトよりもフェイスシャドウの“奥行き”感が大切なポイント♪そこで今回は、「一気に小顔に、顔型別シェーディングシャドウの使い方」をご紹介しましょう。

1)使用カラーはナチュラルブラウンをチョイス

大胆に小顔になりたいから…とダークブラウンをチョイスしてしまうと、ちょっとの量でもわざとらしい仕上がりに><

まずは、アーモンドカラーのナチュラルブラウンで挑戦してみましょう。色が付いていないんじゃないか?という位の量を少しづつ重ねていくことが失敗しないポイントですよ。

2)丸顔型

 

ふっくらした丸顔を小顔に見せるには、お顔に“くびれ”を作ってあげることがポイント。

チークボーンの張っている箇所のすぐ下に、斜めにシャドウを入れましょう。そうすることで、上のお顔と下のお顔でバランスが分かれてアゴ先が細い印象になれます♪

3)ベースボール型

えらが張っているのが気になるから…と大胆に表にシャドウを塗ってしまうと、逆に目立って不自然な仕上がりに^^;

正解は、フェイスラインからアゴの裏側までの見えない部分に入れること。そうすることで、奥行きが生まれてシャープな小顔を印象付けることが出来ます♪

4)面長型

縦長のイメージを短く見せたい面長さんは、眉山の上辺りからこめかみまでのフェイスラインを半分髪の毛(頭皮)、半分お顔に出るようにクルクルと円を描くようにシャドウを入れましょう^^

そうすることで、おでこや頭の形を良く見せることが出来、上のお顔に奥行きが生まれることで“長さ”が気にならなくなります♪

いかがでしょうか?ほんのちょっとの“奥行き”感で、驚くほど小顔に。ぜひ、シェーディングシャドウをマスターして明日からのメイクアップに取り入れてください^^

**大人の女性の習い事人気No.1**

自分磨きがしたい!セルフメイクアップレッスンメニューはこちら

プロのメイクを体験したい!お試し体験メイクレッスンはこちら

お得な平日得割のお知らせはこちら

◎リラックスしたい!フェイシャルエステなどのサロンメニューはこちら